血糖値の値を低くする

先生

ヘモグロビンa1cの値が高い場合は、糖尿病になっている可能性が高いため、すぐに精密検査をして診断してもらう事が大切です。糖質の多い食事をする事で血糖値が上昇しやすくなり、ヘモグロビンa1cの値も高くなるため注意します。

詳細を確認する...

沈黙の臓器のチェック

健康診断でのチェック

楽しい

肝臓は、再生しやすい、障害に強いと言われている臓器です。障害に強いから沈黙の臓器と呼ばれています。しかし、傷みが出ないから放置しておき、傷みが出た時には、再生できない状態になるケースもあるので、注意が必要です。よって、健康診断等で定期的に肝臓の数値をチェックし、異常があるは場合は、通院、必要な処置を取る事が重要になります。肝臓の数値として、ALT(GPT)とAST(GOT)があります。これらの数値の基準は、30IU/L以下とされています。30IU/L以上の場合、肝臓のエネルギー代謝機能が低下している事、肝細胞のダメージが高くなっている事が考えられます。100IU/L以上の場合、ウィルス性肝炎、肝硬変の可能性があります。

γ-GTPの確認

γ-GTPは、タンパク質の分解や合成をする酵素です。大量のアルコールを摂取すると、γ-GTPも増え、血液中に漏れ、肝臓が機能的に弱まります。基準値は、50IU/L以下とされています。γ-GTPの数値に異常が見られる場合、ほとんどのケースがアルコールの大量摂取が原因になります。アルコールの大量摂取に心当たりがある場合、一定期間の断酒あるいは節酒によって、γ-GTPの数値は基準値内に戻ってきます。お酒を飲まない人で、γ-GTPの数値が高いケースは、胆道系の疾患にかかっている可能性があります。γ-GTPは、500IU/L程度まで上昇しても自覚症状はありません。よって、定期的に健康診断等を受診し、肝臓数値を確認し、必要なら医師と相談する事が必要となります。

老化防止や健康維持

ストレッチ

女性も男性も、健康な身体で若々しい自分であり続ける為には様々な努力が必要です。その為にも毎日水素サプリを摂取し、根気強く継続していく事が大切です。安心で安全性の高い水素サプリは今後も需要が高くなる一方です。

詳細を確認する...

保存と相乗効果に期待

運動

DHAやEPAは脂分ですので、長期間放置しておくと酸化します。参加しない場所に保存しておくことで飲み続けられるのです。ブルーベリーやビタミンEと一緒に取り入れることで、様々な相乗効果を期待できるといわれています。

詳細を確認する...